ゆっせいの好きなもの

ファッション、音楽、写真

【記憶を受け継ぐ】Canon AL-1 について

 

こんにちは。

 

今回は

Canon AL-1 

について紹介していきます。

 

 

f:id:kojikojiy:20190113121946j:plain

AL-1

まずこのカメラについて

 

発売

発売されたのは

1982年(昭和57年)3月 です。

なので、いまから37年前に発売されたカメラになります。(2019年1月現在)

 

概要

ファインダーを覗いてのピント合わせがしづらいユーザーにターゲットを絞って開発された電子測距の絞り優先式TTL・AE35mm一眼レフカメラ
3つのCCDラインセンサー上に結んだ被写体のコントラスト像からピークを探す方式で、ファインダー視野下部にピント合わせ用の情報表示機能があり、前ピン・後ピンの矢印表示に従ってレンズのフォーカシングリングを回転させると、中央の合焦マークが点灯し、ピントが合うと言う操作方法であった。
測光露出の制御は、SPC素子使用による絞り優先式TTL・AE、シャッターは全速電子制御による無段階制御、測光感度分布特性は中央部重点平均測光であった。全FD交換レンズが制約なく使用できたところから好評を得た。

 

こちらはオートフォーカスや露出をカメラが指示してくれるので電池が必要です。

単4電池が2本です。液漏れ防止で電池を取り外したまんまで出かけることもあるので個人的には注意が必要。

 

このカメラは電池がいらないので。笑

 

hoby.yussei.work

 

 

価格

価格は(FD50㎜F1.4付き)は90,000円

      ボディのみだと58,000円 です。

 

 

かなり高額。

しかも今のデジタルカメラと違ってプラスでフィルム代と現像代がかかるのでかなりのお高い買いもの。

 

詳しくはこちら

global.canon

手に入れた経緯

このカメラは昔父が使用していたカメラでした。

それを借りている?まぁ実質もらっています。笑

 

カメラの話をしていたら実は持っているということだったので、

見せてもらって、きれいにして、中に入っていたフィルムで何枚か撮影して。

 

って感じです。

 

その残ったフィルム。

期限が切れていたため色が変色してしまっていたんですが

自分か妹の小さい頃の写真が眠っていました。

 

現像されることなく10年以上眠っていたんですよ。

 

父が撮影した昔の自分を自分が現像してもらう。

 

なんかいいですよね。 タイムスリップじゃないけど。

なんかストーリー性があるなぁ。なんて勝手に思ってます。

 

「記憶を現像する」

この感じです。

フィルムは記憶だ~ なんて、これも勝手に思ってます。笑

 

hoby.yussei.work

 

ファインダー越しにのぞかれていた自分が

今度は覗くになるなんて。

 

いやぁ、物語ですねこれは。

 

 

hoby.yussei.work

 

 

そして自分が生み出した物語はこちら。

3枚ほど紹介します。

f:id:kojikojiy:20190113122255j:plain

はな


 

 まずはこの花。

京都へ旅行へ行ったときに撮影した花。

初めてこのカメラを持って旅行に出かけました。

いやぁ、重い。

でかいし重い。 旅行に持っていくときはもう少し小さい

フィルムカメラを持っていくことをお勧めします。笑

 

f:id:kojikojiy:20190113122300j:plain

これもはな

はい。

次も花です。

自分は人と花をよく撮っているようです。

これは昨年の夏にひまわり畑に行ったときに撮影した写真。

このカメラでは(FD50㎜ F1.4)をだいたい使用しています。

なので、ポートレートに最適。

ピントもしっかりあってくれるし。

取れる枚数はハーフには劣りますが、その分質の良い写真をとることができます。

 

ひまわりの後ろのボケ感は最高です。

 

 

f:id:kojikojiy:20190113122332j:plain

かめら

 

最後は「かめら」

これも同じレンズを使用しています。

最高のボケ感。

なんだかストーリー性のありそうな写真だと思いませんか?笑

ちなみにこのかめら(2回目)

 

hoby.yussei.work

 

こんな感じです。

<

 

 

最後に

今回は父に譲ってもらった。

Canon AL-1 について書きました。

 

f:id:kojikojiy:20190113122337j:plain

  • 「フィルムは記憶」

  • 「フィルムはストーリー」

 

なんてことをを考えながらこれからも撮影してく

と思います。。

 

ちなみにiPhoneカメラもオススメです。

 

hoby.yussei.work

hoby.yussei.work